【誕生日体験談57】ドラムのスティックの誕生日プレゼント

誕生日体験談その57。57話目の体験談は、女性さわこさん(仮名)の誕生日に関する体験談です。

情報サイト誕プレでは、誕生日に関する体験談を様々な人にお聞きし、その体験談を掲載しています。この体験談が、皆さんの誕生日の祝い方のヒントになれば良いと思っています。

以下の内容は、10代後半のさわこさんのお話です。

軽音楽サークルのライブで、ドラムのスティックの誕生日プレゼント

私は、大学で軽音楽サークルに入っています。

高校時代までは、大人しく決して目立ちたがり屋というタイプではなかったのですが、音楽が好きで自分を変えてみたいという気持ちから軽音楽サークルに入りました。

担当はドラムとボーカルで、初心者だけれどもライブに出て演奏しています。みんながノッてくれている様子を、ステージの一番後ろから見ているのはとても楽しいです。

そんな軽音楽サークルで、たまたま夏休みのライブと私の誕生日が同じ日になり、誕生日に演奏できるという特別な思い出ができました。

私はドラムで一番後ろにいたのですが、いつもと変わらずメンバー全員でMCをしていると突然、「今日誕生日の人がいます」という音声が。なんと、私に誕生日プレゼントを用意していてくれていて、メンバーが楽器屋の袋を持ってきたのです。

「誕生日おめでとう」という声と共に、楽器屋の袋を渡され、私は思わず泣いてしまいました

ドラムのスティックの画像

楽器屋の袋の中身は、ドラムのスティック。力強く叩ける太めのスティックを前から欲しいと思っていたら、まさにその通りの物でした。

ちょうど次の演奏する曲が、力強い曲だったため、誕生日プレゼントでもらったばかりのスティックを使うことに。音がよく響いて、使いやすかったです。

ライブ終了後、プレゼントとしてもらったスティックで、良い演奏ができたことをメンバーに伝え、お礼をしました。

誕生日がライブと同じ日になるとは思ってもいなかったし、新しい年齢になってから初めていい演奏ができてよかったなと感じました。

もらったスティックでもっとたくさん練習して、もっとライブに出たいと感じた日でした。

さわこさんの体験談について

さわこさんが誕生日にもらったドラムのスティックは、ドラムを叩く人にとってみれば必需品です。叩けば叩く程、スティックは曲がっていきますし、傷も付きます。そのため、音楽活動をしているドラムを叩く人に対するプレゼントとして、ドラムのスティックは最良の選択と言えます。

さわこさんが貰ったドラムのスティックがどういう物か分かりませんが、ドラムのスティックは1セット(2本入り)1,000円程で安価です。バンドの他のメンバー3~4人で割り勘にしたとしても、非常にリーズナブルな誕生日プレゼントだと言えます。

ライブ中のMCの時に祝う、粋な計らい。ライブ当日に誕生日を迎えたバンドメンバーならではの祝い方なので、良い誕生日の祝い方だと言えるでしょう。

※その他の体験談をご覧になりたい場合は、体験談のカテゴリーをご覧下さい。