誕生日に室内遊び場のキドキドに子供を連れて行こう

幼稚園児や小学校低学年の子供の誕生日に困ることと言えば、どこに連れていくかということです。

もちろんレストランなどの飲食店に連れていくのも良いですが、子供にとってみれば楽しく遊べる場が良いものです。でも、思いあたる場所はなかなかありません。

そんな時にオススメの場所と言えば、キドキド。キドキドには誕生日特典もあるので、子供の誕生日に子供を連れて行くと良いと思います。

今回は、子供の誕生日にキドキドに行くと良い理由を含めてキドキドをご紹介いたします。

キドキドって何?

キドキドの画像 ByMIKI Yoshihito

キドキド(KID-O-KID)とは、子供を対象にした室内遊具の遊び場。1歳未満の幼児~12歳までの小学生を対象とし、積み木やおままごとキッチンなどの玩具(おもちゃ)を扱うボーネルンドという会社が運営しています。

※「ボーネルンドあそびのせかい」という名前で運営している店舗もあります。

北海道(札幌)、東京(八王子やよみうりランドららぽーとなど)、大阪(千里丘ミリカ・ヒルズや梅田など)、名古屋、京都などビルのような施設内から郊外に至るまで日本全国様々な場所に出店しています。

キドキドの運動の画像 ByEmran Kassim

遊び場といっても身体を単に動かすだけの場ではなく、頭を使って考えたり、物をつくることにも重点を置いた施設づくりになっているのが特徴

料金は時間制ですが、1日中遊べるフリーパスもあるので90分以上利用する場合はフリーパスを使うと良いでしょう。

子供があまり外で遊ばないと悩んでいるのであれば、キドキドに連れていくと子供は楽しそうに遊ぶはず。また、想像力を高める遊びもあるので、子供の教育も兼ねて行くのも悪くはないと思います。

キドキドには誕生日特典がある

子供の誕生日のお祝いに、キドキドに行こうかと考えている親もいることでしょう。そんな時に知っておきたい情報と言えば、誕生日特典です。

キドキドの誕生日特典については、以下をご覧ください。

誕生日の人にはキドキド無料券をプレゼント

キドキドの誕生日特典は、30分無料ペアチケットです。ペアというのは、親と子で1枚ずつという意味。

30分は短いのでオマケのように感じるかもしれませんが、キドキドの料金は少し特殊で最初の30分の料金(¥500~¥600)+延長料金という料金システムです。大人分の延長料金はかからないので、この30分無料ペアチケットというのは、実質大きな割引に相当します。

発行日から2ケ月が有効期限なので、有効期限を考慮した上で使うと良いでしょう。

誕生日特典を受ける上で必要なもの

キドキドの誕生日特典の無料チケットをもらうには、誕生日が分かるものを提示する必要があります

子供の場合、運転免許証はもちろんのこと、パスポートもない事が多いので、保険証などを提示するのが無難です。そして、ボーネルンド元気倶楽部会員証を入場時に提示しましょう。

※ボーネルンド元気倶楽部会員証とは、入会金無料・年会費無料の会員カードです。ボーネルンドの全商品が10%OFFになる誕生日割引も受けられるので、入会していない場合は同時に入会すると良いと思います。

ちなみに、誕生日特典の無料チケットはチケット発行店でのみ有効なので、自宅からアクセスしやすいキドキドのお店で発行してもらうように心がけましょう。

キドキドで誕生日を祝うのに適した子供の年齢

キドキドは12歳までの遊び場ですが、やはりベストな年齢というのが存在します。

その年齢とは、ずばり3歳~6歳くらいの年齢。小学生中学年や高学年になると、キドキドの遊具で遊ぶのに少し恥ずかしがる子供が出てくるので、誕生日のお祝いに連れていくのであれば、3歳~6歳程度の子供を連れていくと良いでしょう。

そして、できれば近所の友達や兄弟姉妹で行くことをオススメします。1人だと遊ぶ内容に限度がありますが、複数の子供ならキドキドで多くの遊び方を学ぶことができます。

小さなお子さんの誕生日に連れていく場所を悩んでいるのであれば、キドキドを選択肢に入れてみることをオススメします。

シェアする